Happylight 鎌倉 加美尾花

≫ EDIT

Pendantlight an-932

an-932  a


市松模様が効いてる 60’s もの。





良い具合にくたびれたギャラリー。それも良し、











an-932

H / 245mm   W / 100mm / E17電球

真鍮吊りチェーン31㎝付属
PRICE / 18000円

| Pendantlight | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light glass artist 青渦巻 ga-039




深い水色に白の渦巻き。
大好きなコントラスト。





ga-039

H / 200mm   W / 135mm / E17電球

真鍮製ソケット / 茶色布巻コード
PRICE / 13800円

| Glass Artist | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light glass artist 黒白 ga-040




なかなか出来て上がってこない、ブラック&ホワイト。
作家さんによると、黒を出すのは工程が複雑で大変らしい、、











ga-040

H / 215mm   W / 115mm / E17電球

真鍮製ソケット / 茶色布巻コード
PRICE / 15000円

| Glass Artist | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendantlight 大正のガス灯改ライト an-931




激レア!
京都の骨董屋さんから到着。
大正時代のガス灯をライトに改造。





オイルランプは随分ライトに改造をしたけど、ガス灯は初。











an-930

PRICE /  29000円

H    /  400mm
直径  /  110mm   E17電球  

 

| Pendantlight | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendantlight ライトの中に電球 an-930




クリアーのシンプルボール型シェードに電球を入れてみた。

電球は加美尾花で使っていて切れたもの。
捨てずにクリスマスやお正月に電球リースを作ったり、
再利用をしている。





でも、切れた電球の全てを使えるかというと、そうではない。
これは予想なので分からないが、
フィラメントが切れる時に、ふわ~っと切れれば良いのだけれど、
パッチン!と切れると、煤が出て硝子内部が曇ってしまう。
当たっているかどうかは分からないけど、、、

そうなってしまったものは廃棄にする。
きれいな状態のものは以外に残らないのだ。

硝子シェードは東芝のヴィンテージ。
このタイプを探しているけど、結構見つからない。
次は硝子の鳩を入れる予定。





an-930

PRICE /  15000円  (シェードのみ)
PRICE /  18000円  (💡付属)

直径  /  230mm   E26電球   茶色布巻レトロコード付属 

| Pendantlight | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT