Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海沿い住民の憂鬱、、、

江ノ島 1


先日お伺いしたお客様のゲストハウス。
自宅ではなく、奥様の癒しの空間&パーティー用。
ここは海と山 ( 富士山も ) だけじゃない。
陽が落ちれば遥か遠くまで街の夜景が広がる。
鎌倉は眺望がいいロケーションは多いけど、
海、山、夜景がセットなのは、稀だ。
鎌倉の海側の人なら、ここがどこかは察しがつくかな?


江ノ島3 石井邸


しろくまの実家も結構すごい。
高台に立つ遮るものがない海のまん前。
三浦半島の突端から江ノ島まで一望。
テラスから海にダイブ出来そう。
でも、こちらのお宅の方が色々と良い、、、

なぜなら海に近すぎ。
ゆえに、南風が吹けばガラスは潮で真っ白。
塩害で家が傷む。すなわちお金がかかる。
台風や大西 ( 冬場に吹く西風 ) の時なんか、
震度6並に家がグラグラ、怖い、、、
波が高い晩なんかは、そうとうの爆音。
( 一定の間隔で、ダッダァ~ア~ン・・・・ てな感じ )
これもけっこう怖い。などなど、、
まぁ、余分な出費以外は慣れちゃうんだけど。

若いある時期にR134沿いのマンションに暮らしていた。
ここは江ノ島から伊豆半島の先まで一望。
一見サイコー!なのだが、
いい事ばかしじゃない、、、

花火大会の時は、毎年盛大なパーティー。
でもぉ、お世話が大変、、、
夏の間は昼夜を問わず六本木状態。
荒れた日の波の爆音は、まぁ、大丈夫。
けど暴走族の爆音は我慢し難い。
だから夏は仕事場があった東京に避難。

でも穏やか日は、本当に素敵だ。
こんな天気の日も自然のスペクタクルを感じられて、
大好きだった。
また海が見えるお家に住みたいなぁ、、
関連記事

| KAMAKURA | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/851-3250d9f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT