Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FUN FUN FAN ! 5 オマージュ




こどものころ、うちにいたカブトみたいな、

「せんぷぅきぃ」

夏が近づくとあらわれる。
そんなとこもカブトみたいだ。
羽にさわってて怪我したこともあった。
鉛筆やら何やら突っ込んだり、
ずいぶん酷い事もしたね。
いつのまにいなくなった「せんぷぅきぃ」、、

ごめんね、せんぷぅきぃ。





それと同じものが数十年の時を経て、手に入った!
さあ、徹底的にレストアだ。

そう、あの 「 せんぷぅきぃ 」 へのオマージュ。





手に入れた時はご覧の通りのJUNK。

レストアプランは決まっていた。
金属の冷たい質感とそれを和らげる様に包むカナリーイエロー。
絶対にカッコ良くなる確信があった。
ペラの先端が流れるモダンな四枚羽の日立製なら申し分ない。

プロペラとガードは磨き出しで地金を出す。
しっかりした焼きつけ塗装を剥がすのは大変 !
もちろんグラインダーやスプレーの剥離剤も使うが、
きれいに仕上げるのは最後には手作業によるところ。
ガードの繋ぎ目部分は細密やすりで丁重に磨いていく。

「 手を動かしたものが勝つ、手を動かしたものが勝つ、、、 」

折れそうになるとその言葉を反芻して心を立て直す。
結局磨き出しだけで、30時間かかった。
この方法はもう二度とやらない。かなぁ、、、


名称未設定


1950年代 日立製作所製 f-005

H / 470mm   プロペラ直径 / 300mm    PRICE / 33000円
関連記事

| Vintage Fan | 04:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/61-993d5af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT