Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アムステルダム=鎌倉?




10月31日の記事でオランダ製のシャンデリアを紹介しました。
その時、そうだ、アムステルダムで撮った写真あったなぁ、、
と、思い出したので、、、
とっても好きな国のひとつ、それがオランダ。

イギリスやフランス、またはイタリア辺りに較べると、
日本人はぐっと少なく、ほとんど見かけない。
オランダのどこが良いか?と、問われると難しいのだが、、

まず全てにおいて、センスが良い。アイデアも含めて。
次に収入が高い国にもかかわらず、物価が安い。
ただ安いだけでなくそこそこクオリティーも伴う。

物価というのは単にものの価格だけでは測れない。
例えばタイではチャーハンが100円で食べれる。
ただし車がビュンビュン通る、排気ガスまみれの道路ぎわの屋台。
で、水は別会計、当然炎天下の元。
日本ではクーラーが効いてる清潔な店内で冷えた水、
時にお茶がタダで280円の牛丼が食べれる。
ちゃんと、「ありがとうございます!」つき。
まぁ、言いたいのはそうゆう事。

移民については知らないが、人も真面目で良い。
でいて、そこそこ朗らかで、適当にゆるいとこもある。
日頃から食器棚の裏まで掃除を怠らない、清潔好きな国民性。
これもポイントが高い。
昔から貿易立国だけあって、観光客のあしらいかたも良い意味で上手。
そうそう、個人的に女性も綺麗な人多いし、感じも良い。

滞在中はアムステルダムにいる事が多いのだけど、
一国の首都にもかかわらず、街はこじんまりとしていて静か。
観光客も多く賑やかではあるが、地方の観光地みたいに穏やかな雰囲気。
でも、夏のハイシーズンはお祭り騒ぎ、、、

「 ここの雰囲気、どっかに似てるな~ 」と感じてたが、
ある時気づいた。そうだ!ここ、鎌倉みたいじゃん!
人の感じもどことなく似てる。
鎌倉旧市街の原住民は観光客に道を聞かれ慣れてる。
だれも皆、結構親切に教えてあげる。
ちゃんと、ここに住まう者としての役目を認識してるのだ。
こんなとこもアムスの人と似てる。

例外もいる。 
「もう、イヤんなっちゃう、観光客が多くてウルサイ!」
とか言うおまえさん、最近東京から越して来たんじゃねぇ?
てなパターンの人。
でもって、原住民に生温かい目で見られる。

鎌倉好きなら、アムスも好きかも?
興味がある方、「いつか行きたいリスト」に入れておいたら?


写真のCAFEは仕事を終え、シャワーを浴び、ご飯を食べたら
必ず行くところ。
運河が交差して何本もの橋がかかるこの景色が見える席に座って、
のんびーりと、過ごす。
そんでもってサドルがやけに高い自転車を漕いで、
運河に浮かぶ船のねぐらに帰る。
これがアムスで暮らす時のパターン。





関連記事

| OVERSEAS | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/528-db119a35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT