Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pendant light an-799




5年程前、これと同様の小花模様で卵型のものを入手した事があった。
それは、以来「 あのシェード良かったな~ 」 と、度々思い返すくらい、
印象に残るシェードのひとつだった。

先月形は異なるも、同じものを発見!
以前見つけた卵型よりボリュームがある丸型ではあるが、
これ位のサイズ(π29cm)の方が、メインに使えるので勝手が良い。





昨日お買い上げ頂いたのだが、
そのお客様は外人向けにお家を貸している大家さん。
リフォームしたそのお家に取り付けるとの事。

普通であれば安い蛍光器具(と言ってもこのシェードより高かったりする)
あたりで済ましそうなものであるが、流石に外人向け住居の大家さんである。
良く分かっていらっしゃる。
備え付け照明に美しいものがついている事のメリット。
部屋をあまり明るくする事を好まない外人さんの特性から、
スタンド等の間接照明を使って灯りのコントラストを楽しむであろう故に、
1灯式で明度に限りがあるこのペンダントをメインに据えてもOKであろう事。
等々・・・
色々なお話を聞かせていただいた。
なるほど、、、である。

そうそう、ここでいう外人さんとは欧米の方の話。
確か目の関係で明るいのが苦手と聞いた事がある。
それに日常生活で灯りを楽しむ文化が根付いているし。
日本人は暗いとイライラしたりする人とかも結構いる。
一々スタンドのSWを点けたり消したりするのが面倒だったり、、、とか。

しろくまもお部屋はムーディーにするのが好きだけど、、
最近はあまりに目が悪くなって、暗いと物が探せない。
残念!





ツイてる事に、2台入荷した。
中々出会えないであろうから、
今自宅で使うかどうか逡巡してるところ。
関連記事

| Pendantlight | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/500-e86a5544

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT