Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SUZIE





最近スタッフのダンサースージーが辞めた。
海外に縁があり旅立った。
その先はラテンアメリカのグァテマラだ。

昔中米に行った事があるがグァテマラには行ってない。
ここはラテンアメリカの中でも、ペルーと並び
先住民の血が色濃く残るところだ。
まあ、おーざっぱに言えば、映画「 アポカリプト 」
みたいな感じか?
日本との関係で言えば、ラテンアメリカで最初に
日本人の移民が渡ったところらしい。



初対面の印象は、華奢で真面目そう (実際は違った)、
ちょっと神経質な感じが、大丈夫か?と思わせた。
大丈夫というのは、「 俺嫌われねーか?」 という,
そっちの心配だ。
何せ、しろくまのお守は大変なのだ。
まあ、ほんとのところは分からないが、
自分的にはその心配は杞憂に終わった、、と思う。

実際の彼女は、その大人しそうなルックスとは裏腹に
中々飛ばしてくれる上、適度な毒も持ち合わせる楽しい女の子だ。
それに、そこはかとない色気もある。
加美尾花にいる間、お店のコンディションを
いつもきれいに整えてくれ、縁の下の力持ち的な役割も
きっちりこなしてくれる彼女は欠かせない存在だった。

彼女はタバコ嫌いなのだが、しろくまが使う芍薬柄の灰皿を
いつもきれいに洗ってくれていた。(そういう人は滅多にいない)
いる間、感謝の気持ちを伝えた事はなかったが、
きれいな灰皿を使うのはとても気分が良く、
とてもありがたく思っていた。
だから灰皿を洗う都度、彼女を想い出す。

ちょっと繊細な彼女。
小さな事で心震わす事もあるだろうが、
そこは気分次第。「 まぁ、いいっか~ 」 的な
鈍感力を働かしつつ、頑張って欲しい。
スージーに幸あれ!

旅立つ前、ハグして別れた。
彼女はとても良い匂いがした、、、

関連記事

| Small talk | 04:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/246-3553938e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT