Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Bracket light an-600







「えっ! お買い上げですかぁ?、、、」 その1


まだ肌寒いある春の日の午後、その日はたまたま自分が店頭にいた。
上品な親娘連れのお客様が来店。

お客様 「あの、ウィンドウにある照明なんですけど」

しろくま 「ハイ」

お客様 「頂きたいのですが」

しろくま 「・・・・・」 (値段聞かれてないし、、、結構高いぜ)

お客様 「あの、頂きたいんですが~ 売ってるんですよね?」

しろくま 「ぁ、ハイ、ハイ」 (えっ!買うの??)

お客様 「あのう、、何か?」

しろくま 「、、、いえ、ありがとうございます」  という頓珍漢なやりとり。


というのは数多くライトを扱っている中、どれもこれも愛着はあるけれど、
中でも稀に 「 特別なもの 」 というものがある。そのひとつがこのブラケットライト。
このアイアン器具は随分前に仕入れたものの、マッチするシェードが
なかなか見つからず、やっと、これ!というシェードが見つかり、
組み立てるまでかなりの時間を要した。

妥協せず時間をかけた甲斐があり、ほんと素敵なライトに仕上がった。
夜のショーウィンドウ、その中でほんわか灯るオレンジの明かり。
それに照らされる柔らかなアイアンの曲線。
それを日々眺め、「うん、いいな~」 と。     

しかしこちらの評価とは裏腹にお客様の反応はいまひとつ、、、
売れない時間が経過するうちどんどん愛着が湧き、
なんだか自分のものの様に思えてきた。
ほとんど売物であるというのも忘れたころ、さきのお客様がご来店。
お客様にはいかに自分のお気に入りであるかをお伝えし、
お買い上げという事を聞き、ショックを受け「めまい」を憶えたため、
失礼な態度をとってしまったと、その非礼を詫びた。
おかげでお客様も嬉しさ5割増し!
「良い買い物をしました、大事にさせていただきます」と喜んで帰られた。

スタッフのみんなも 「あれ売れたんだ!残念ですね~」 と。
みんなも好きだったんだ。 これ欲しかったな~
関連記事

| Braketlight | 04:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/19-726b33e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT