Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

HAPPYLIGHT FACTORY 幻灯機型照明①









アメリカ 「 Acme 」 社製のスライド映写機。





肝心のレンズが割れていたので、
映写機としての機能は成さないけど、
そのうち、こんな風に改造してみたら良いかな?と思い、
温めていたもの。





3way で使える。
スタンド照明、常夜灯、それとコンセントタップとして。

照明として使うエジソン電球は、この映写機にあまりにピッタリ。
内部には小さなLED電球が仕込んであり、
レンズと映写機の隙間からホンワカ灯りが漏れるようになっている。
後ろには3個口のコンセントタップを取り付けた。

部屋を暗くしてPCを操作するのだけど、
机の上にこんなのがあったら良いな、、、という発想で作ったものだ。











プレートを見ると 「Acme Slide」 、
「 KYOBASHI OKUDA co.ltd 」 とある。勿論調べてみた。

まず奥田商会。
この会社はアクメ商会東京支店奥田商会として、
昭和6年に設立されている。
会社沿革によると、日米が険悪になる昭和10年頃まで
輸入されていたものらしい。
なのでおおよそ80年位前に製造されたものだ。

またアクメ社とは、サイレント映画からトーキ映画に代わった頃、
35㎜ 映写機のトップメーカーだったそうだ。





ではこの2社の現在は、というと、、
なかなか、というか流石にシブトイ。
奥田商会は戦後は自社製のスライド映写機や
関連部品を扱い、後には官公庁や企業向けに
OA、AV機器の販売、リース等で盛業中の様だ。

アクメ社はというと、豊富な品ぞろえと
高い技術力に定評のある通販会社である。
病院経営やセメント業もやっているそうだ。

ちょっと予想と違うが、流石にしぶとい。
会社をこの時間のスパンで存続させているのは、
両社とも大したものである。











ケースも付属している。
蓋の金具が壊れていたので、
真鍮製の金具を取り付けた。






幻灯機型照明付属コンセントタップ1 in-01

H /  225㎜
W /  300㎜
D /  120㎜
E26エジソン電球付属
E17LED電球付属 

PRICE /  55000円
関連記事

| HAPPYLIGHT FACTORY | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/1349-096a026b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT