Happylight 鎌倉 加美尾花

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

透明店舗




パナソニック ○○-××× モノクロ撮影


店をやっていると色々なとこから電話がある。
たいがいはセールスかお客様からだ。
その数少ない、いずれでもない電話を受ける時、
時折両者に微妙な空気が漂う。
むこうはどう切り出そうか、こっちは「 なんだ? 」 てな感じで。

先日まさにそんな電話があった。
相手は広告代理店の女性から。

用件はパナソニックの新型デジカメのカタログ用に
ショーウィンドウを撮影に使いたいとの事。
カメラのカタログというからには被写体として使うのだろう。
↑ みたいな感じに。
まあ減るもんじゃないので、「どーぞ」 と、、、

この手の話と言えば、鎌倉はメジャー観光地ゆえ、多くの雑誌に特集される。
「 hanako 」 「 るるぶ 」 なんかは毎年必ず大々的に特集を組む。
発売直後には雑誌片手に観光客がわらわら。
去年は加美尾花のある今小路の通りも、
「 おしゃれなお店が集まる裏道 ・・・・ 」 みたいな下手なコピーのもと、
つぶさにすべての通りのお店が紹介がされていた。

そう、、、ただ一軒、加美尾花を除いて。

だいたい鎌倉の旧市街でお店をやっていれば、
「 hanako 」 「 るるぶ 」 の取材依頼のない店は皆無だと思う。
10年やってれば少なくとも5回や10回程度、掲載されるのは、普通。
加美尾花は開店してたぶん15年以上、いやもうちょっとか、、
経つと思うけど、この大衆メジャー2誌に掲載された記憶はない。
別に悔しい訳ではない。
また媒体に載らない、載せない訳でもない。

でもたまにあるそんな依頼は少々面白いところからくる。
パナソニックといえば携帯電話の広告っていうのがあった。
あと映画のロケ、それがらみでドリカムのPVにも使われた、らしい、、
でも見てないので知らない。
映画はもう一回あったけど、改装をしようとしていた矢先だったので、
撮影の都合で遅らせる義理もないので断った。
雑誌もいくつか受けたがちょっと変わったとこが多かった、
あともちょっと高級でCREA?とか。
でもうちにとっては然したるメリットもない。
それどころか営業が出来なくなったうえ、謝礼はちょっと。
なので取材依頼は少しは嬉しいが、基本有難迷惑だ。

でも不思議だな~、ある種の人間には加美尾花が見えないらしい。
「 hanako 」や「 るるぶ 」の取材担当者みたいに。
お前らには店の敷居は跨がせん!

あれ、俺、ちょっと傷ついてる?


追伸 : 家庭画報、ブルータスにはぜひ載りたいです。
     担当者様、このブログを見ていたらよろしくね!
関連記事

| Small talk | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamiokahappylight.blog.fc2.com/tb.php/125-ffa74b15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT