Happylight 鎌倉 加美尾花

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏休み中 zzzz.......





夏休み中です。

Bangsaen という海辺の町。
海岸通り、 車道の向こうはビーチ。
ずっと先に滲む灯りは遠くの海岸線。

ビーチとの狭間、
人気のない深夜1時のスルメイカ売り。

オレンジの街路灯に歩道を照らすLED。
それとスルメイカ屋台の灯りが相まって、
不思議な空間が目の前に。
まるで舞台セット。

| OVERSEAS | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1993 Angkor 2018 暑中お見舞い申し上げます




暑中お見舞い申し上げます。
記録的な酷暑が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
くれぐれもご自愛下さいませ。



こんな日々には、ふたつの遠い異国での事を思い出す。
遠い、といっても、それは物理的な事ではなく、
時間的、記憶的な意味で、、、

ひとつは1980年のクタ。
それと、93年のシュムリアップ。

クタでは肌を炎で炙られているような暑さを。
シュムリアップでは体内の臓器や血液が茹だる様な、、
そんな暑さだった。


93年のカンボジアは内戦が終結し国連の暫定統治機構が
国の運営を担っていた。
1970年以降、93年ころまでは、行きたくても行けない国だった。
そんな時に旅をした話。

当時のこの国では、白い車体にUNの青いマークをつけたランクル、
兵士を乗せたカンボジア国軍のトラックがやたら走っていて、
何十万も人が住んでいる一国の首都であるプノンペンでさえ、
夜の帳が下りると漆黒の闇に包まれた。

プノンペンで老人の漕ぐシクロを拾った。
シクロの車体が軋む音、犬の遠吠えしか聞こえない闇の街。
時折視界に入るぼんやりと滲む電球の灯り。
まるで深海を浮遊するようにシクロはゆっく~り進む。

今では大盛況なアンコールワット遺跡群さえも、
当時は訪れる人も疎らだった。

ある時大小ある遺跡のひとつを散策していた。
すると、穏やかな微笑みをたたえた物売りの老人が、
胡弓を静かに奏でながら、あくまでゆっくりと、
とてもゆっくりと、僕に近づいてきた。

「 これ、買わんかね? 」
随分と安値だった気がする。
その時、熱でやられながらも、閃いた!

「 おじいちゃん、これは要らない、ごめん 」
「 でも倍払うからお願い聞いてくれる? 」
「 ここを散歩するから、僕の少し後をその胡弓を弾いて付いてきてくれるかな? 」

にっこり笑ったおじいちゃんは、
「 ええよ 」 と。

その遺跡には誰もいない。
日本だったら盛大な蝉時雨が聞こえるのだろう、、
けれどもここには何の気配もない。
それどころか風の音も、鳥のさえずりも、何もない。
凶器の暑さで僕ら以外の全部が止まってしまったみたいに、、

あるのはただ暑さでむせ返る自分の吐息と、
彼が奏でる胡弓の優しい響き以外何もない。
そして、ただ暑い。

リゾートのインフィニティプールで飲む冷えた
シャンパンなんか目じゃない。
自分にとっては最高に贅沢で、そして白日夢を見ているが如く、
幻想的な体験だった。
けど、暑かった、、、

今となっては現実か妄想か、自分でも分からないほど、
霞の中の古い記憶だ。
そんな想いを呼び起こしてくれる日本の猛暑も悪くない、、って
思ったりした今日この頃、、、


入道雲と蓮  シュムリアップの暑い想い出、、、

| OVERSEAS | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暁に水色ブラウスと紺のスカート





先日、川の畔で落日を待っていた。
すると、夕日に滲んだ川向から、小さな木造の船がやって来た。
僕の座る、小さな桟橋に付けられた船には、
おじいさんの船頭さんと、学校帰りの少女。
少女は船頭さんに一礼をして船を降り、
船は舳先を夕日に向け、暁の向こうに去っていく。
桟橋に座った僕に気付いた彼女は、
しっかりとした声で、「 こんにちは! 」

Oh ! この感じ、久しぶりだぁ~ 、 
物騒な世の中故、子供と知らない大人が声を交わす機会は、滅多にない。
ちょっとビックリして、そして、ほっこりした。


ko ket3


水色ブラウスと紺のスカートの彼女は、
尾花(すすき)茂る原っぱの小道の先に、踊るように消え、
辺りから人の気配の一切は、なくなった、、、
これはそこで捉えた一枚。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

| OVERSEAS | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

灯り考 China Town 2




しばらく前に、割と深夜に近い時間帯、用事を済ませに外出。
夜も遅いが、れっきとした仕事の用事。

寂し気に街頭が灯る路地を歩いていたら、
その先に、何やら明るく、賑わっている様子がうかがえる。
まぁ、訳は知っているけど。

そう、旧正月のお参りで賑わう廟。
写真にあるよう、遅い時間にもかかわらず、大賑わい。





経験上こんな場所は、自分の知っている、
「 あの雰囲気 」 を、味わえるはず、、、
と歩みを進めたのだが。
あれ?微妙に何かが違う。
ぼんやりと儚げな 「 アジア的郷愁 」 みたいな雰囲気が
いっぱいなはずなんだけど、、うん、違う。

周囲を良く見回して見ると、
白熱灯は、ぐっと減り、結構LEDが使われてる。
そう、灯りの質の差が、おんなじ様で何かが違う!
パラレルワールドみたいに感じた。

時代の流れと共に、世界の色のトーンさえも様変わりする。

特にこういう類の流行りに関しては、アジアは早い。
頑張れ、頑固なヨーロッパ!


灯り考 China Town
↑ この雰囲気、最近ないなぁ~

| OVERSEAS | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PEGASUS ナイトクラブ




近所にあるナイトクラブ 「 Pegasus 」

お気に入りの建築のひとつ。
今時こんなのないからね。
残念ながら入店した事はない。
ここは随分昔、30年程前に建築雑誌で取り上げられたのを
見た事があった。
内部は日活全盛の頃のスクリーンの世界!
フルバンドに広いダンスフロア、、贅を凝らしたギンギンのインテリア。
ムーランルージュとかハバナにあるキャバレーとかの感じ?
日本でも昭和40年代、50年代中頃まではあったのだろうが、
今や絶滅。
ここも時代の流れか、若干地味な雰囲気に落ち着き、
敷地内にクラブ( 語尾が下がった方の ) が併設され、
そっちの方が盛況だ。
時代の流れだろう。

| OVERSEAS | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT