Happylight 鎌倉 加美尾花

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

灯り考 China Town 2




しばらく前に、割と深夜に近い時間帯、用事を済ませに外出。
夜も遅いが、れっきとした仕事の用事。

寂し気に街頭が灯る路地を歩いていたら、
その先に、何やら明るく、賑わっている様子がうかがえる。
まぁ、訳は知っているけど。

そう、旧正月のお参りで賑わう廟。
写真にあるよう、遅い時間にもかかわらず、大賑わい。





経験上こんな場所は、自分の知っている、
「 あの雰囲気 」 を、味わえるはず、、、
と歩みを進めたのだが。
あれ?微妙に何かが違う。
ぼんやりと儚げな 「 アジア的郷愁 」 みたいな雰囲気が
いっぱいなはずなんだけど、、うん、違う。

周囲を良く見回して見ると、
白熱灯は、ぐっと減り、結構LEDが使われてる。
そう、灯りの質の差が、おんなじ様で何かが違う!
パラレルワールドみたいに感じた。

時代の流れと共に、世界の色のトーンさえも様変わりする。

特にこういう類の流行りに関しては、アジアは早い。
頑張れ、頑固なヨーロッパ!


灯り考 China Town
↑ この雰囲気、最近ないなぁ~

| OVERSEAS | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PEGASUS ナイトクラブ




近所にあるナイトクラブ 「 Pegasus 」

お気に入りの建築のひとつ。
今時こんなのないからね。
残念ながら入店した事はない。
ここは随分昔、30年程前に建築雑誌で取り上げられたのを
見た事があった。
内部は日活全盛の頃のスクリーンの世界があった。
フルバンドに広いダンスフロア、、贅を凝らしたギンギンのインテリア。
ムーランルージュとかハバナにあるキャバレーとかの感じ?
日本でも昭和40年代、50年代中頃まではあったのだろうが、
今や絶滅。
ここも時代の流れか、若干地味な雰囲気に落ち着き、
敷地内にクラブ( 語尾が下がった方の ) が併設され、
そっちの方が盛況だ。
時代の流れだろう。

| OVERSEAS | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイミングプール 3

ルアンプラバン pool 480


加美尾花では Facebook も一応やっている。
カバー写真をたまには替えるか、、と思い、
横長の写真は何かないかと探したら、多分昔流行った、
パノラマで写せるカメラで撮ったであろう、写真が出て来たので、
おぉ、ちょうどイイや、って事で、この写真に変更。

でも、何だか冴えないな、、ちょっと一手間と思い、

「 どこだったかは、どんなとこだったかは忘れてしまったのに、
銀色と青に輝く水の感触だけが残る、、」

そんなイメージで加工してみた。

これは昔行った、ラオスの山の中の盆地、、
その寺町にある小高い丘の上に建つホテルのプール。

でもこの時は、肌寒くてプールには入らず、
雨に煙るプールをラウンジから眺めていた。
フランス人のお年寄りの団体が賑やかだったのを憶えてる。

| OVERSEAS | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入道雲と蓮、  2014 暑中お見舞い申し上げます、、

蓮畑


暑中お見舞い申し上げます。

皆様いかがお過ごしでしょうか、、、
ここ数年、茹だるような暑い夏ですね。
今年もしかり、、
ただ高気圧の場所がずれているせいか、
あの、夏特有の、ワクワク湧き上がる様な、
入道雲を見れないのが、ちょっと残念。
あの、ノスタルジックな気分にさせてくれる入道雲。
大好きなのになぁ、、

この写真はず~っと昔、
カンボジアの田舎をバイクで走っていた道中、
見つけた蓮池。
あたり一面、まるで踊るように花を咲かせていた。
普段写真なんか滅多に撮らないのに、
あんまりに綺麗だったので、レンズを向けた。
もちろんデジカメなんか無い頃。
安いバカチョンで。

この日は、ほんとうに暑かった。
生涯で体験した最高の暑さかも、、、
通りかかりに見つけた、小川にかかる橋から、
堪えきらず、服のまま飛び込む。
狂気の暑さ、ピリピリと痛む焼けた肌、
沁みいるひんやりした水の感触。
なんだか訳もなく、とても可笑しくなった。
僕らは手を取り合って、馬鹿みたいに笑いころげた。

入道雲や、あの蓮の花は、もう戻らない夏休みの郷愁を誘う。

| OVERSEAS | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アムステルダム=鎌倉?




10月31日の記事でオランダ製のシャンデリアを紹介しました。
その時、そうだ、アムステルダムで撮った写真あったなぁ、、
と、思い出したので、、、
とっても好きな国のひとつ、それがオランダ。

イギリスやフランス、またはイタリア辺りに較べると、
日本人はぐっと少なく、ほとんど見かけない。
オランダのどこが良いか?と、問われると難しいのだが、、

まず全てにおいて、センスが良い。アイデアも含めて。
次に収入が高い国にもかかわらず、物価が安い。
ただ安いだけでなくそこそこクオリティーも伴う。

物価というのは単にものの価格だけでは測れない。
例えばタイではチャーハンが100円で食べれる。
ただし車がビュンビュン通る、排気ガスまみれの道路ぎわの屋台。
で、水は別会計、当然炎天下の元。
日本ではクーラーが効いてる清潔な店内で冷えた水、
時にお茶がタダで280円の牛丼が食べれる。
ちゃんと、「ありがとうございます!」つき。
まぁ、言いたいのはそうゆう事。

移民については知らないが、人も真面目で良い。
でいて、そこそこ朗らかで、適当にゆるいとこもある。
日頃から食器棚の裏まで掃除を怠らない、清潔好きな国民性。
これもポイントが高い。
昔から貿易立国だけあって、観光客のあしらいかたも良い意味で上手。
そうそう、個人的に女性も綺麗な人多いし、感じも良い。

滞在中はアムステルダムにいる事が多いのだけど、
一国の首都にもかかわらず、街はこじんまりとしていて静か。
観光客も多く賑やかではあるが、地方の観光地みたいに穏やかな雰囲気。
でも、夏のハイシーズンはお祭り騒ぎ、、、

「 ここの雰囲気、どっかに似てるな~ 」と感じてたが、
ある時気づいた。そうだ!ここ、鎌倉みたいじゃん!
人の感じもどことなく似てる。
鎌倉旧市街の原住民は観光客に道を聞かれ慣れてる。
だれも皆、結構親切に教えてあげる。
ちゃんと、ここに住まう者としての役目を認識してるのだ。
こんなとこもアムスの人と似てる。

例外もいる。 
「もう、イヤんなっちゃう、観光客が多くてウルサイ!」
とか言うおまえさん、最近東京から越して来たんじゃねぇ?
てなパターンの人。
でもって、原住民に生温かい目で見られる。

鎌倉好きなら、アムスも好きかも?
興味がある方、「いつか行きたいリスト」に入れておいたら?


写真のCAFEは仕事を終え、シャワーを浴び、ご飯を食べたら
必ず行くところ。
運河が交差して何本もの橋がかかるこの景色が見える席に座って、
のんびーりと、過ごす。
そんでもってサドルがやけに高い自転車を漕いで、
運河に浮かぶ船のねぐらに帰る。
これがアムスで暮らす時のパターン。





| OVERSEAS | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT