Happylight 鎌倉 加美尾花

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pendant light an-960




シンプルだけど、♦柄の凹凸模様がクールなペンダント。

コードは白地に金色の糸が編み込まれていて、良い。





an-960

H   /   125mm       π  /  90mm
真鍮製ソケット/ E26電球

PRICE /  15000円

| Pendantlight | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light an-958




クラッシックな造形を持つシェード。

ブロックが連鎖した硝子を通す灯りは雰囲気良し。





チェーンで吊る部分のリングは、銅で自作した。





an-957

H   /   300mm       π  /  160mm
真鍮製ソケット/ E26電球

PRICE /  20000円

| Pendantlight | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light an-957




やや、、甘め、、
清楚でよろし。





プリントだけど、細密で可愛らしいデザイン。
それと色使いのセンスの良さに、魅かれた。





an-957

H   /   250mm       π  /  200mm
真鍮製ソケット/ E26電球

PRICE /  30000円

| Pendantlight | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light an-956 硝子蠅取り瓶




昭和20年代までは使われていたらしい、
うねうねした硝子で作られた、蠅取り瓶。
それをペンダントライトにしてみた。

随分前に同じ様にして売った事があるから、
瓶の口にE17ソケットがピッタリ収まるのを知っていた。

ポテッ、、とした形が、何とも愛らしい。
電球の灯りが80年の時をすり抜けて周りを照らす。
良い雰囲気、、





仕組みはこんな感じ。
そういえば、蠅、随分と減った。
世の中が整備されて清潔になったからだろう。

ずっ~と前、スリランカで両睫毛に三匹ずつ、
口と鼻の穴の周りに5匹位たかられた状態で、
チャイを飲んだ思い出がある。
あんなに自然が豊かで綺麗なとこなのに、
なんであんな蠅がいるんだろう?
蠅といえばスリランカ!昔の思い出、、、

これはソケットが簡単に取り外せるので、
違う使い方が出来るのも良い。
寄せ植えして植物ドームにして使ってる人がいた。





an-956

H   /   200mm       π  /  180mm / E17電球

PRICE /  20000円

| Pendantlight | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendant light an-955




シャンパンピンクのボールライト。

クリアーでカラーガラスの丸型のペンダントライトは、
とても人気のあるアイテム。
右から左と言っちゃ、なんだけど、とても売れ行きが良い。





硝子表面がうねうねした加工なので、
透過した灯りの影も、美しく映える。





金具も渋い!





an-945

H   /   325mm       π  /  250mm / E26電球
真鍮吊チェーン付属 370mm

PRICE /  21000円

| Pendantlight | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT