Happylight 鎌倉 加美尾花

≫ EDIT

Chandelier 昭和 Retro③ ch-041

ch-041 g



日本の昭和40年代のレトロシャンデリア!






けっこう酷い状態で入手したため、レストアにかなりの時間をかけた。
一度完成させたのだけど、納得が行かなかったので、
ばらして、さらにパーツを全部磨き直し、これはムリ!ってパーツは、塗装した。





入手した時、9個ある1個のシェードが欠落していた。
近いものを何とか見つけたけど、サイズが全然違う、、
まぁ、それも以外に良いか?と思い、
合わせてみたら、ナイス!
サイズが合っているより、この変数のおかげで、
より、洗練された雰囲気になった。





いくつかの色合いのLED電球を組み合わせて取り付けようと、
組み立てる前から思っていた。
昭和レトロな雰囲気の灯具も、随分とその印象を変えるものだ、、





装着LED電球は、昼光色、電球色、赤青黄色の5種類。





ch-041

H    /  770mm    (天井ローゼットを含む)
W    /  770mm
シェードS×8個 / π140㎜
シェードL×1個 / π200㎜

PRICE / 94000円 (LED電球9個付属の価格)
PRICE / 89000円 (電球なしの価格)

シャンデリアの長さ(770㎜)はご希望によって短縮可です。




| Chandelier | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つづけていること、、、6




表題が 「 つづけていること、、、6 」 とありますが、
何が?って思う人もいますよね。
まぁ、お察しかと思いますが、
↓ こういう事です。深い意味は一切ナシです。

つづけていること、、、

ここずっと、夏定番のポーチュラカ。
手前のお花は何て名前だったかなぁ~
背景に源氏山を写しこんでみました。

実はダリアを植えたんだけど、日差しが強すぎて全滅。
ダリア、大好きなのに知らなかった、、、

さて、鎌倉は、特に加美尾花のある今小路あたりは、
一点の曇りもなく、清々しい程に人がいません。
こんな感じが、あとひと月ちょいは続く事でしょう。
当店においては、びっくりされた後、(あまりにお客さん来ないので)
熱烈歓迎されるでしょう。
ご来店お待ちしております。

| Small talk | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAPPY LIGHTFACTORY 映写機型照明⑦ made in Frence in-08





レアなフランス製8mm映写機改造ライト。






お国柄なのか、
USA製とも、それに影響を受けた日本製とも、
明らかに方向性が違うデザイン。
昔のシトロエンみたいだ。





内部に仕込んだLED電球は、
うまい具合、レンズに対して垂直に取り付けられた。
なので、レンズからの光は強い。





台座のデザインは、とても美しい。
電球を露出させないで、台座から灯りが漏れる作り。

丸くなっている部分はフィルムが収まる所。
そこに厚みのあるプラスティックをはめ込む。
ここからも仄かな灯りが、、、

SWは内部LED電球、台座の電球を独立して、
ON/OFF可能なダブルSW。





これはかなり細部に渡って手をいれている。
基本的に動く部分は動作出来る様に、
フィルムを送るレバーを回せば、カチカチっと、音も出る。
欠落していたレバーも自作。
筒状の部分は、ソケットを収納するために後付けしてある。
デザインも取って付けた感じにならず、うまく溶けたと思う。





鶏のトレードマークが可愛い。
プレートならもっと素敵だけど、残念、、シール。
でも、しっかり貼りついてあるから取れない。



映写機型照明⑦ in-08

H /  315㎜
W /  220㎜
D /  115㎜
E17LED電球・普通電球付属
 
PRICE /  39000円

| HAPPYLIGHT FACTORY | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAPPYLIGHT FACTORY 映写機型照明⑥ in-07




手動式8㎜映写機型スタンドライト。





コンパクトなサイズで、それほど重量もなく、
デザイン的にまとまっていて、スッキリした印象。
ソケットが収めた部分の蓋は欠落していたので、
ここは大理石っぽい硬化プラスチックで、蓋を作った。
とても良い出来。











内臓したLED電球の灯りが、レンズから、
そしてボディの隙間から漏れ、台座部分を照らす。
素敵なほのかな灯り、、





プレートに 「MENUMAN」 とある。
調べてみたが、詳細は分からなかった。
多分USA製の映写機のパテントを取った
日本のメーカーが作っていたものと推察。
製造年代は、手動式ってとこを考えると、
昭和30年代位か?
だとすると、その年代の機械ものにしては美品。





SWは、全灯→OFF→内部LEDと、いつもと同じ仕様。






映写機型照明⑥ in-07

H /  260㎜
W /  200㎜
D /  130㎜
E17LED電球付属
 
PRICE /  33000円

| HAPPYLIGHT FACTORY | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Chandelier Farance ch-040




フランス製。
正統派なスタイルを持つ、ロマンティックシャンデリア。





フランス製のシャンデリアは、E14電球対応のソケット。
でも付属ソケットが朽ちていたので、
E17ソケットに交換した。なので、電球が入手し易いのである。
キャンドルの筒もなかったので、銅パイプで製作。























France ch-040

E17電球5灯
H    /  500mm±  (オーナメントを含む)     
W    /  400mm
チェーン長さ  (ローゼットを含む)/  360mm
  
E17電球25W5個付属

PRICE / 139000円



| Chandelier | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT