Happylight 鎌倉 加美尾花

≫ EDIT

ゆるりとSALE、、お休み営業のお知らせ、、

氷sale


ゆるりと、なんとなくな、夏のセールをしております。

照明はセール除外ですが、それ以外はちゃんと、
結構なオマケをしています!
閑と体力が余っていたら、灼熱の今小路を歩いて来て下さい。

但し!今月20日より9月20日位まで、
勝手ながら不定休でお休み&時短営業となります。
お電話を一本頂ければ、無駄足にならずに済むと思います。

帰郷される方も、遊びにいそしむ方も、
お盆は仕事だ!の方もご自愛の程を。

| Information | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1993 Angkor 2018 暑中お見舞い申し上げます




暑中お見舞い申し上げます。
記録的な酷暑が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
くれぐれもご自愛下さいませ。



こんな日々には、ふたつの遠い異国での事を思い出す。
遠い、といっても、それは物理的な事ではなく、
時間的、記憶的な意味で、、、

ひとつは1980年のクタ。
それと、93年のシュムリアップ。

クタでは肌を炎で炙られているような暑さを。
シュムリアップでは体内の臓器や血液が茹だる様な、、
そんな暑さだった。


93年のカンボジアは内戦が終結し国連の暫定統治機構が
国の運営を担っていた。
1970年以降、93年ころまでは、行きたくても行けない国だった。
そんな時に旅をした話。

当時のこの国では、白い車体にUNの青いマークをつけたランクル、
兵士を乗せたカンボジア国軍のトラックがやたら走っていて、
何十万も人が住んでいる一国の首都であるプノンペンでさえ、
夜の帳が下りると漆黒の闇に包まれた。

プノンペンで老人の漕ぐシクロを拾った。
シクロの車体が軋む音、犬の遠吠えしか聞こえない闇の街。
時折視界に入るぼんやりと滲む電球の灯り。
まるで深海を浮遊するようにシクロはゆっく~り進む。

今では大盛況なアンコールワット遺跡群さえも、
当時は訪れる人も疎らだった。

ある時大小ある遺跡のひとつを散策していた。
すると、穏やかな微笑みをたたえた物売りの老人が、
胡弓を静かに奏でながら、あくまでゆっくりと、
とてもゆっくりと、僕に近づいてきた。

「 これ、買わんかね? 」
随分と安値だった気がする。
その時、熱でやられながらも、閃いた!

「 おじいちゃん、これは要らない、ごめん 」
「 でも倍払うからお願い聞いてくれる? 」
「 ここを散歩するから、僕の少し後をその胡弓を弾いて付いてきてくれるかな? 」

にっこり笑ったおじいちゃんは、
「 ええよ 」 と。

その遺跡には誰もいない。
日本だったら盛大な蝉時雨が聞こえるのだろう、、
けれどもここには何の気配もない。
それどころか風の音も、鳥のさえずりも、何もない。
凶器の暑さで僕ら以外の全部が止まってしまったみたいに、、

あるのはただ暑さでむせ返る自分の吐息と、
彼が奏でる胡弓の優しい響き以外何もない。
そして、ただ暑い。

リゾートのインフィニティプールで飲む冷えた
シャンパンなんか目じゃない。
自分にとっては最高に贅沢で、そして白日夢を見ているが如く、
幻想的な体験だった。
けど、暑かった、、、

今となっては現実か妄想か、自分でも分からないほど、
霞の中の古い記憶だ。
そんな想いを呼び起こしてくれる日本の猛暑も悪くない、、って
思ったりした今日この頃、、、


入道雲と蓮  シュムリアップの暑い想い出、、、

| OVERSEAS | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pendantlight an-937




クリアー硝子の清楚な雰囲気のシェード。
エジソン電球なんか入れたら、かなり良い。
ギャラリーはフランスのアンティーク。

いつも思うが、透明の硝子は上手く撮れなくて良さを伝えきれない、、
                                     残念!








an-937

H / 220mm   W /  105mm / E17電球

茶色布巻コード
PRICE / 16900円

| Pendantlight | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Braketlight japan an-936

an-936 a


Japan ビンテージのブラケットライト


an-936 c


いつも思うが、流石の made in JAPAN。
キッチリ作られている。
アームのRもとても綺麗。

銅製のアームは腐食にも強いので庇の下なら
屋外でも問題ナシ。


an-936 d


ボール型のシェードは、吹いた硝子を熱があるうちに、
水を通し表面を割る事によって出来る貫入模様が入っている。
それによって、透過された光が、壁面に複雑な模様を描く。

中々凝った技法が用いられている。


an-936 b


これは東京の古民家の照明をお願いされ、
玄関灯用に探したもの。
屋外の使用に耐えられ、密閉性 (虫が入らない、電球が濡れない) があり、
往来のある通りに面しているため、家の顔になる故、
妙に個性的にならず、お洒落にこだわっている感があるのでは、、、
ないかと、選んでみた。
クライアント様が気に入ってくれると、いいなぁ、、


an-936 e


an-936

シェードπ / 150mm       
壁面からシェード先端まで / 220mm
使用電球 / E17電球

PRICE / 23000円

| Braketlight | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からスタート! 2018ワンピースマニア

2018 ワンマニ裏b





六本木でのワンピースマニアも大盛況のうちに終える事が出来ました。
ご来店頂きましたお客様、誠にありがとうございました。

いよいよ今日からは鎌倉でのカマクラワンピースマニアが始まります。
予報では三連休は猛暑の予想となっておりますが、
暑さに負けずご来店。
自分だけのこの夏のワンピースをゲットして下さい!

皆様のご来店をスタッフ一同、心からお待ち申し上げております。


カマクラワンピースマニの詳細

| Information | 03:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT