Happylight

>> EDIT

Stand light an-849




お客様が手持ちのガレシェードに
何かピッタリくるスタンドはないか?とのご依頼。





ちょうどいいのを持ってた。





オールブラスの、多分イタリア製。
ほら、ピッタシ!



| スタンドライト Standlight | 02:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今はもうないお気に入り その7 Reborn!




使えなくなったアンティーク家具を素材にして、
フロアスタンドに甦らしたもの。





シルクのシェードは英国のもの。
柔らかにもれる灯りが美しい。
















| スタンドライト Standlight | 02:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

海沿い住民の憂鬱、、、

江ノ島 1


先日お伺いしたお客様のゲストハウス。
自宅ではなく、奥様の癒しの空間&パーティー用。
ここは海と山 ( 富士山も ) だけじゃない。
陽が落ちれば遥か遠くまで街の夜景が広がる。
鎌倉は眺望がいいロケーションは多いけど、
海、山、夜景がセットなのは、稀だ。
鎌倉の海側の人なら、ここがどこかは察しがつくかな?


江ノ島3 石井邸


しろくまの実家も結構すごい。
高台に立つ遮るものがない海のまん前。
三浦半島の突端から江ノ島まで一望。
テラスから海にダイブ出来そう。
でも、こちらのお宅の方が色々と良い、、、

なぜなら海に近すぎ。
ゆえに、南風が吹けばガラスは潮で真っ白。
塩害で家が傷む。すなわちお金がかかる。
台風や大西 ( 冬場に吹く西風 ) の時なんか、
震度6並に家がグラグラ、怖い、、、
波が高い晩なんかは、そうとうの爆音。
( 一定の間隔で、ダッダァ~ア~ン・・・・ てな感じ )
これもけっこう怖い。などなど、、
まぁ、余分な出費以外は慣れちゃうんだけど。

若いある時期にR134沿いのマンションに暮らしていた。
ここは江ノ島から伊豆半島の先まで一望。
一見サイコー!なのだが、
いい事ばかしじゃない、、、

花火大会の時は、毎年盛大なパーティー。
でもぉ、お世話が大変、、、
夏の間は昼夜を問わず六本木状態。
荒れた日の波の爆音は、まぁ、大丈夫。
けど暴走族の爆音は我慢し難い。
だから夏は仕事場があった東京に避難。

でも穏やか日は、本当に素敵だ。
こんな天気の日も自然のスペクタクルを感じられて、
大好きだった。
また海が見えるお家に住みたいなぁ、、

| 鎌倉 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HAPPYLIGHT FACTORY CROWN Chandelier 







HAPPYLIGHT FACTORY の一点ものシャンデリア!

















アルミ製の王冠を、ひょんなきっかけで入手。
某ブランドがショップの装飾用に作らせたもの。
きっと景気が良かった時のものだと思う。





肉厚で重量もがっしり、存在感十分。
ひとめ見てシャンデリアにしようと決めた。











クラウンのデザインのすべては曲線。
なので、銅で作った灯具部分は複雑なRに。
成型にはずいぶん苦労した。





クリスタルのドロップ型オーナメントは、フランスのアンティーク。
本体のサイズに負けない、大きなものをメインに。
それとチェコ&イングランド&インドのミックス。





スタッフ一同満場一致のお気に入り!
売ってはいるけど、全然売る気のない逸品。
だってこんなのもう手に入れられないし作れないもん。





天井のフリンジは手持ちのものを流用。
何せヘビーなシャンデリアだから、
梁にしっかりと取り付け事が必要。


CROWN Chandelier 

E17電球×4灯

ボディ本体全長  / 680mm
ボディ最大幅   / 490mm
真鍮製吊チェーン / 430mm



チェーンを増減する事により、
ご希望の長さに調節可能です。
短く調整する場合は無料、長くする場合別途にて承ります。
中心に配されている、ソード型オーナメントは他のカラーのものと
交換可能です。お問い合わせ下さい。

PRICE / 税込金額 240000円 

| HAPPYLIGHT FACTORY | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「 中山優馬くんミサンガ 」 のご注文について、、、

ゆうま&スマオ


加美尾花のスタッフ、スマオです。

この度は多くの皆様に 「中山優馬くんミサンガ」 を
ご注文頂きまして、誠にありがとうございます。

順次返信メールをお送くりしておりますが、
数日経っても返信がない場合は、
再度メールをお送り頂くか、お電話を頂ければ幸いです。

このミサンガは海外でオーダーをしており、
また天然石は私どもが手縫いで付けているため、
少々お時間を頂く事となります。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
予定では3月中旬から4月上旬には皆様のお手元に
届けられるよう、準備を進めている次第です。

DVDをご覧になった方はお分かりかと思いますが、
出演したのは、わたくしスマオです。
まさか自分がこんなかたちで映像に出るなんて、
思ってもみませんでした。
それもアイドルと 「みつめあう??」 なんて、、、

ほんと多くのファンの方にご来店いただき、
皆様の優馬くんを応援する熱心な気持ちに接するたび、
彼の事を知らなかった自分なんかが、
こんな貴重な体験をさせてもらい、
ほんと、恐縮しきりです。

これからの鎌倉は桜と新緑、潮風も気持ちの良く、
散策にはもってこいの季節です。
鎌倉にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。
ロケ地もお店の徒歩圏内ですし、、、
スマオ、心よりお待ちしております!

スマオ

カワイイ! 優馬くんの映像はこちらをClick!



しろくまはこの撮影には立ち会っておらず、
DVDを見てびっくり!

「 スマオ、なんでこんないっぱい出てるのさぁ? 」
優馬くん、高橋さん、優馬くんの恋人役、
プラス、スマオの4人で成立してんジャン!
「 ハイ、スタッフの人にクレジットに入れてもいいくらいだね 、、
って言われました 」 と。
どこが気に入ったのか分からんが、
とりあえず監督のメガネにかなったみたいだ。
( 監督が店を見に来た際に、いちおう、出演交渉があったらしい )
それと経費の節約かな?

この画像はウィンドウの中にいるスマオと
優馬くんの目が合うシーン。
このウィンドウは人がいる場所でない、
何故なら、照明器具がいっぱい吊ってあるウィンドウだから、
とってーも、あつい、、のだ。
涼しい顔しているけど、スマオ曰く、
「 ずっとこの中で出待ちしていたから、超ー暑かった、、」 そうだ。

最近世間では「 美魔女 」 なる存在がいるらしい。
流行にしたがっていえば、「 美 」 はおいといたにしても、
まぎれもなく、彼女も魔女、、、ではある。
誰ひとり彼女の年を言い当てた人はいない。
彼女の名誉のため言っておくが、
穏やかで、色白のとっても可愛い女性である。

優馬くんファンの皆様、ロケ地を巡るお散歩に
鎌倉を訪れた際にはスマオをいじりにお立ち寄りください!

しろくま

| Information / お知らせ | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>